モビット ログイン

返済しても融資がつづくワケ

キャッシングの利用は「返済に始まり、そして返済に終わる」と言い表わせることがでる。ただし、新規契約後に行う借入れについては融資と言える。
なぜならば、返済が行わなければ次の融資はありえないからである。
ですので、キャッシングを考える時には「返済あり気の融資」の思考にすべきであるのです。
始めて融資を受ける時にはキャッシング業者の意向でことが運ばれ、業者の判断で融資の詳細が決まってしまう。
ようするに、貸す側が一方的に強いのである。
しかし、異端融資を受けてしまうと立場が逆転することになる。
なぜなら、あなたの事情や都合でことが進むことになるからである。
モノには全て所有権というものがある。
所有権とは自分の手元にあるものを自由に扱うことができる権利で、その行使に第三者が介入することはできない。
このモノにはお金も含まれるのです。
債権とは一般的に返済を要求する権利のある貸金いうことができ、お金を貸すと言うことは、所有権を手渡して債権を得る行為と置換えることができる。
債権を行使するとその要求に従う義務のことを債務という。
キャッシング業者(債権者)とアナタ(債務者)の関係がこのような形で成り立っている。
一般的には債権者が強者で債務者が弱者と思われているが事実はこれと違っているのです。
実際の取引の世界では債権者が債務者にお願いしてお金を返済してもらってる。
 所有権とは
  民法の認める物権のひとつで、特定のものを支配する権利。
  所有権を有する者は、公共的な立場からの制限を除くと、原則物を自由に所有、利用、処分することができる。
 債権とは
  特定の人(債権者)が他の特定の人(債務者)に対して特定の行為(給付)をするよう請求できる権利。
キャッシングで注意しておきたいことは、あなたが優位の立場で借りていられるからと言って、あまり長く続けないことかもしれません。

300x200 オリコンバナー





 

サイトマップ